AGA治療のプロペシア

髪の毛が薄くなり始めたと気づくのは通常40歳や50歳の頃とされており、また患者数も年代別に見てもこの付近の方が最も多く中高年層に診られる症状として考えられてきましたが、最近では若年性の脱毛症を起す20代の男性の方なども多く、男性の方であれば誰でも発症する可能がある症状となり、その約90%はAGAとされています。
一概に全ての方がAGAとなる分けではなく原因にも様々ある為、それによっては治療の方法も異なるのでまずAGA治療の一歩として原因を明確にする事が大切になり治療の近道を導きだす事が鍵になります。
AGA治療とは、発毛や育毛、増毛、植毛の四種類があり、これら四つの意味を正確に把握している方は非常に少なく方法を知る上でも意味を知る事が必要になります。
発毛は頭皮の環境を改善する事で髪の毛を増やしていく事になり、髪が生えなくなった毛穴から再び髪を生やす方法になり、育毛は今残る髪の毛を育てる事になり、すぐに抜けてしまわぬように一本一本を太く成長させ丈夫にしていく方法になり、発毛とは異なり生えていない部分には適用がありません。
また増毛は、簡単に言うとエクステの様なものになり、人工的な毛髪を地毛に結びつけ自前の髪にとけ込ます事で毛髪量が増えた様に見せる方法になり、植毛は頭皮に直に人毛あるいは人工毛を植え付ける方法となり、今最も確実な治療の方法とされています。
前者二つは薬剤を用いて行い、発毛にはフィナステリド、育毛はミノキシジル成分を用い、フィナステリド配合の内服薬として唯一プロペシアという経口服用薬があり髪の毛が薄くなる事を防ぐ作用を持ち、プロペシア服用者の75%の方には高い効き目あるいは進行抑制効果が診られると言われていますが、病院処方のみとなり保険の適応もない事から長期継続が困難になるケースもあります。
一方の育毛作用を持つミノキシジルは育毛剤リアップの成分であり頭頂部のみに効き目を発揮しますが頭皮の毛母細胞を活性化させる事で血液を通して栄養や酸素を髪に補給する事が出来るので一本の髪を強く太く丈夫に成長させてくれ市販薬としても購入出来るので手軽さがあります。
原因によっては薬剤での治療も効果的ではない事もあるので個人の判断ではなく、まずは相談してみましょう。