薄毛になる前の対処法

よくは薄毛は遺伝すると言われておりますが、あながち間違ってはいないのです。
正確に説明すると、薄毛は遺伝によって起こりやすくなるという事です。
必ずしも両親が薄毛の遺伝子があるからといって生まれてきた男子がはげてしまうわけではありません。
もちろん生活環境や食生活などによっても異なりますが、はげてしまう原因それは男性ホルモンにあります。
フランスでの研究の結果、ハゲの原因はX染色体の受容体に大きく違いがあると発表されました。
このX染色体は通常母親から受け継ぐので、結論から言うと母親サイドからハゲは受け継いでるとなります。
しかし自分の母親ははげてないけど自分ははげてるではないか?と考えた時母親の父親を思い浮かべてみてください。
そうですこれが隔世遺伝といわれる根拠となるのです。
女性は女性ホルモンによってはげにくいとされており、男性型の脱毛症にはならないのです。
薄くなっていたとしても男性とは髪の毛の薄くなり方が違うので、母親からの遺伝とは感じにくいということになります。
これは一説による見解ですので確実とは言えませんが大方間違ってもいないと思われます。
先ほども説明したとおり男性のハゲと女性のハゲでは症状も治療法も異なってくるのです。
では男性のハゲの場合のように対処法をとればよいのでしょうか?
まず日々の食生活や生活環境が大事です。
髪の毛や頭皮によくない食事をとっていればハゲやすくないのにハゲてしまいます。
そして清潔にすることも大事です。毛穴などに皮脂が詰まってしまうと、髪の毛に悪い影響を与えてしまいます。
もちろんこれらの対処法も必要ですが、一番肝心なのは男性の脱毛症の原因をもとから阻害させることです。
男性の脱毛症は一般的にAGAと呼ばれており男性ホルモンが影響しています。
通常では何ら問題ない男性ホルモンが5aリダクターゼtype?によってDHTというものに返還されてしまいます。
このDHTが先ほどの受容体と結びついてしまう事で男性のハゲは始まってしまうのです。
現在AGAには治療薬が存在しており、5aリダクターゼtype?を阻害してくれる作用があります。
この治療薬を継続して服用することで薄毛を改善させることが可能なのです。