相乗効果をもたらすミノキシジル

現在、有効性が最も高い薄毛治療とされているのが、人工的に作られたあるは本物の人の髪を使って、髪を失った毛穴に直接植え付ける事で増毛を図る植毛が最も効果が高く、また半恒久的に継続させる事が可能になるので多くの手入れを必要とせず、ウィッグ等かつらにに比べても残っている毛髪と馴染みやすく人毛であれば見た目はより一層良くなるとされますが、高額な治療費が必要となり一度の支払う金額が多いので治療に踏み切れない男性の方も多くいる治療になります。
また一般的に普及している薄毛治療とは、高額な費用を要しないものの定期的に費用がかかる薬剤投与による治療であり、これらは大きく分けると育毛と発毛作用のある薬に分ける事ができ、前者を外用薬、後者が内服薬となります。
効用に育毛作用を持つ薬として外用薬であるミノキシジル製剤がこれに当たり、本剤は市販でも購入出来る手軽に頭皮の治療を始める事の出来る薬になり、頭皮内の毛母細胞等を薬剤を塗布する事で活性化させる事が出来ます。
現状で残る毛髪に働きかけ弱々しい細い軟毛を太くて丈夫で健康的な硬毛への変化させ薄毛のかい改善を目指す方法となりますが、髪を失った毛穴から新たに髪を成長させる事は出来ないので本剤ミノキシジルと併用する事で効果を高める事が出来るのが発毛作用を持つ内服薬であるプロペシア錠になります。
プロペシアは手軽に購入は出来ず、医師からの処方せんを必要とする薬になるので一度受診する必要がありますが、体の中から作用させる事で原因となるDHTを産生してしまう5α-リダクターゼの活動を弱める事で産生を阻害する事が出来る薬になり、残っている毛髪をこれ以上失わせない事はもちろんの事、毛穴から新たに髪を生やす事もでき、頭皮全体に作用する事から発毛作用の有効性は高いと考えられています。
七割以上の方に有効とされますが、この中でも増毛に成功する方もいれば、現状維持に留まる方もおり、残りの三割の方には全く有効性を示さない事があるので万人に効く訳では無いので過度な期待を落ち治療に取り組む事は禁物です。